レポート153号 2018年7月

●巻頭言  生き続けたい!!と訴えている声

北朝鮮とアメリカとの首脳会談が開催されました。画期的な出来事です。その評価は、歴史が経ってみないと分からないです。しかし、直接に言葉を交わすことの大切さを教えてくれたようです。
国家間の争いは、話し合いが十分に行われていないからおこる、と考えた人がおりました。そのために世界共通語を創ろうということで、19世紀末ころにポーランドでエスペラント語が出来ました。強国ドイツとロシア等に挟まれ、長い間、大国の勝手に翻弄されてきたポーランドの方が、戦争を無くさなければと切実に考えて作った言葉です。誠に残念ながらエスペラント語が広がらないまま、今でも戦争は一向に無くならないです。平和のための話し合いは、進んでいないです。
自分勝手な行動をしないで、言葉を交わして、お互いに相手の言い分を聞き、理解し、行動を起こすことが非常に大切です。人間が生き続けるための基本です。相手の言い分に聞く耳を持たないようでは、人間として許されるべきではないです。
『パパとママにいわれなくても・・・あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください』 覚えたての平仮名で綴った、5歳の子どもさんの文章です。この文章を理解し行動を起こすことが出来なかった両親が居たということは、驚愕です。同じ時期に同じ日本に生きているのが、極めて恥ずかしい思いです。このような両親を生み出した今の日本の社会に、ともに生きているということに、大いに責任を感じなければならないです。
相手の言うことを聞いて、理解して、その意味を自分なりに咀嚼して、次の行動を起こす、という一連の流れは、知恵のなす技といえます。少し考えれば分かることが出来ないということは、知識はあっても、全く知恵が身についていないのです。そのような人間が多くなってしまった社会を、根本的に何とかしなければならないです。
“相手の言うこと”というのは言葉とは限りません。言葉以外の、いろいろな情報が相手から発信されることも多いです。知恵を用いて冷静に観察すれば気付くことはたくさんあります。知恵が無い人間は同じ情報を知っても、自分とは全く関わりのないことであると思い、一切、行動を起こさないです。それでも、恥ずべきことであると全く意識していないです。
今年の5月の末ころに、タイ南部の海岸に、コビレゴンドウクジラが一頭打ち上げられました。死んではいなかったのですが、5日後に衰弱死しました。そのお腹から、およそ8キログラムのプラスチックごみが見つかりました。これが衰弱死した原因だったのです。今年2月末にスペイン南部に流れ着いたマッコウクジラの体内からは、およそ30キログラムのプラスチックごみが検出されました。

プラスチックは天然界には存在しないものです。存在しないものを、人間が、わざわざ多くの資源を使って作ったのです。しかし、プラスチックは自然状態では分解して天然状態に戻る ことはありません。多くの廃棄物と同様に、最終的には海に漂ってしまいます。
プラスチックごみの廃棄量は、2015年には世界でおよそ3億トンになりました。(国連環境計画UNEP)このうち半分はレジ袋やペットボトルといった使い捨て製品です。使い捨てプラスチック製品の廃棄量が一番多いのは、中国です。国民一人当たり廃棄量が一番多いのは米国です。2番目が日本で、3番目はEUです。
海に漂うプラスチックごみは、波の力や紫外線によって分解されますが、小さくなっても、無くなることはありません。直径5mm以下になったプラスチックはマイクロプラスチックと呼ばれています。洗顔料や歯磨き粉に、このマイクロプラスチックが、マイクロビーズと呼ばれて含まれていることがあります。
マイクロプラスチックは、ポリ塩化ビフェニール(PCB)のような有害物質を吸着する性質があります。これを飲み込んだ魚を食べた人間への影響が心配されています。廃プラ問題は、地球温暖化に次ぐ国際環境問題になったと言えます。欧米などでは危機感を抱き、使い捨てプラスチックの規制を強化しています。EUなどでは使い捨てプラスチック容器の禁止を進めています。米国ではマイクロビーズの配合を2015年に禁止しました。
日本では、企業や自治体の、自主的な取り組みに任せている状態です。「プラスチック資源循環戦略」の策定を進めていますが、今のところ、使い捨てプラスチック製品の流通規制や使用禁止にまで踏み込んでいません。
人間が、己の快適な生活を追い求めるために、わざわざ作ったプラスチックです。地球の大循環には乗らないものです。それでも、快適な生活を追い求めることを当然と考え、地球の大循環に乗せることが出来ない廃棄物を出し続けているのです。その結果、何の責任もない、海 に生息している多くの生物を殺戮していることになっているのです。今の自分さえ良ければ良いと信じているのです。
打ち上げられたゴンドウクジラやマッコウクジラは、人間に訴えているのです。お腹の中の廃棄プラスチックは、生き続けたいと訴えている証なのです。それでも、プラスチックを社会として使い続けている日本の社会に生き続けているのが、私達なのです。全く知恵が働いてい ないのです。
自分一人だけが行動しても、世の中は変わらないと思っている人が殆どです。しかし、私たちは、小さな行動の積み重ねで動く社会で生きています。ですから、小さな行動をし続けないと、世の中は変わらないのです。
子供さんの生き続けたいという叫びに耳を貸さなかった親が生きている社会を、変えることが出来なかった私達です。海に生きている生き物たちの声など耳に届かないのでしょうか。人間も含めて、地球上のあらゆる生物種が生き続けられるよう、もっと知恵を働かせた日々を送 りたいです。

理事長 荒木 光(京都教育大学名誉教授)
http://plaza.rakuten.co.jp/honkideeco

楽しかったアーリーサマーキャンプ♪

埼玉県

わたしは、そろばんキャンプで楽しかったことが二つあります。
一つ目は、二日目の朝にやった体側です。わたしたちのチームは、全部はかれなかったけど、他のチームの中には終わったチームがあったのですごいなと思いました。長さなどをはかるときに一番むずかしかったのは、1番の石の面積の大きさをもとめる問題です。むずかしかったけれどグリーンのみんなと協力をして答えをもとめることができました。
二つ目は二日目の昼にやったカレー作りです。グリーンのみんなと協力して、野菜を切ったり、皮をむいたりしました。閉会式のときに、1番、2番を発表してもらうと、1番がブルーチームだったのでくやしかったです。けれど、わたしたちのグループのグリーンは2番だったのでうれしかったです。
わたしは、このことから、チームで協力すると楽しめることが分かりました。そして、来年も行きたいです。


私は、一番楽しかったのは、カレー作りです。カレー作りで私は、じゃがいもの「かわむき」と「きること」をやりました。じゃがいものかわは、さいしょはうまくむけなかったけど、できるようになりました。きるときにさいしょは、手を少しきってしまうと思っていたけど、やるとだんだん楽しくなってきました。みんな自分のやることをやって、なべに入れて、やいて、カレーのルーを入れて、できあがりました!自分の作ったカレーを食べてみると、とてもおいしかったです。
じゅんいを決めるときに、私は2位になれました。とてもうれしかったです。また来年もアーリーサマーキャンプに行きたいです。


チームでBuysゲームをして1位になったけど、関根そろばん教室でやったときは2位でした。カレーづくりでわたしのやくわりが、にんじんを切ること、野菜をあらうこと、にこむこと、肉を切ることでした。どれも楽しかったです。にこんでいる間に海に行きました。サザエの貝をCグラスの入れ物にしました。


楽しかったです。海にあんなに貝がらが落ちていて、びっくりしました。名ふだに「B」と書いてあったけど、今度は「A」になれるようにがんばりたいです。
べんきょうで楽しかったのはBuysゲームです。また、やりたいです。
ずっと行きたかったそろばんキャンプに行きました。一番楽しかったのは、バイスゲームの一回目です。理由は、いつものそろばんのやり方がむずかしかったけど、ゆうしょうできて、うれしかったからです。
ほかにも、海でじゃんけんれっしゃや、きもだめし、カレー作りなどいろいろやって楽しい2日間でした。
わたしは、もうちょっときゅうが上がれば、もうちょっともんだいがとけたのかと思いました。このままいいかんじにすすめば、きゅうも上がっていくかもしれません。なので、らいねん行くなら、ことしよりらいねんの方が、きゅうが上がってて、もんだいをとくのも、少しずつせいちょうしていって、ぜんかいよりもらいねんの方がもんだいをとくのもふやしていき、またのぞみたいと思いました。


バイスゲームやきもだめしなど、とても楽しかったです。とくにきもだめしがたのしかったです。さいしょはこわくてにげそうになったけど、だんだんなれてきて、さいごは楽しく終われました。
二日目はとくに楽しかったのは、海辺で遊んだこと、カレー作りです。海辺で、ヤドカリをつかまえたり、貝を見つけたり、水でっぽうで遊んだりしました。カレー作りはみんなで協力して、にんじんやじゃがいもなど、色々なものをきってカレーを作りました。
とても楽しい二日間でした。


二回目のアーリーサマーキャンプだったけど、ぜんぜんちがってたのしかったです。とくにバイスゲームで、お金をふやすのがたのしかったです。ほかのそろばん教室の人とも、友だちになれて、楽しいアーリーサマーキャンプになりました。ぼくは今STEP17なので、次のアーリーサマーキャンプでは段になって行きたいです。そして、また友だちをいっぱいふやしたいです。


一日目、私は、今回のアーリーサマーキャンプで楽しかったことはスピードです。私はスピードの時、とちゅうで答案を書く場所をまちがってしまい、あせってしまったけれど落ち着いて計算したら、後半の行までいったのでうれしかったです。落ち着いて計算してよかったと思います。
二日目はDANデモンストレーションで、皆の前で計算するので、とてもきんちょうしました。
となりで計算していた竹田くんは、皆の前でも落ち着いて正確に計算をしていたので、すごいなと思いました。
楽しかったことは、カレー作りと海遊びです。皆で作ったカレーはとてもおいしかったです。
他のグループの中で2位に入れたのでうれしかったです。海あそびでは、埼玉には海がないのでとても楽しかったです。
このアーリーサマーキャンプで学んでことを活かしてがんばりたいです。


私は、アーリーサマーキャンプをおえて心に残ったことは、全てです。大きくくぎって一つ目は電車の中です。つまり、キャンプの行き帰りです。電車の中でおしゃべりしたり、やまのてせんゲームや、しりとりなどのゲームをしたりして、みんなで楽しんだことです。反省点は、電車内なのに、はしゃぎすぎて大きな声をだしてたことです。
二つ目は、一日目です。まず、四捨五入の計算は、意外と早く全部やるのはむずかしく、およその数の練習問題では、2、3問まちがえてくやしかったです。それと、Kmからmにかえるものとかは、学校でもう習っているのにひっかかってました。スピード算では、はじめて「イーゼル、バインダー」でやりました。いつもとはちがい、なんかへんな感じでしたが、おもしろかったです。途中で先生が「この列3人いい勝負だよ」と言っていたので、うれしくてもっとやる気になりました。
私は、おととし参加していて、「セッション」と書かれていたときは、「また厳しい勉強やるのか」と思っていましたが、思っていたよりゆるくて楽しめたので、びっくりしました。そして、うれしかったです。
ちあきちゃん(関根そろばん教室)と、おふろで色々お話ができて、うれしかったです。
三つ目は、二日目です。朝のいろいろな物の体積、長さを求めるのは楽しかったですが、全部回れなくて、がっかりしました。朝食は、ちょっとしたバイキングで、えらぶのを楽しめて、おいしかったです。セッションは、バイスゲームをYメソッドでのチームでやりました。みんなをまとめられなくて、チームワークがわるかったです。それと、お米を安く売りすぎ、2万円にとうたつしなくて、くやしかったです。
次に、「だん」をとっている人のそろばんを見ました。「だん」の人は、計算がすごくはやくて、びっくりしました。私もまずは早く3級とりたいなと思いました。いつか絶対「だん」をとりたいなと思いました。練習すごいしているんだなと思い、私もたくさん練習これからしたいです。
カレー作りは、野菜を切るのをたんとうでした。にんじんや、じゃがいもをピーラーでかわをむいて楽しかったです。一年生とかもできるように、いっしょにやったりしたのでよかったです。いためたり、にこんだりしている間、海辺でレクして楽しかったです。私たちの班が作ったカレーは、すごくおいしくて、先生たちも「おいしい」と言っていたのでうれしかったです。
同じ教室の子や、ちがう教室の子、同じ班の子とかと仲良くなれてよかったです。


私が今回の合宿で1番楽しかったのは、バイスゲームです。なぜならお金のことが学べたからです。次はまとめて買ってくれたら安くするよと言って、たくさん買ってもらいたいです。
2番目に楽しかったのは海で遊んだ事です。いろんな貝が取れました。特に気に入ったのはサザエの貝殻です。他にもいろんな生き物がいました。
3番目に楽しかったのは、お友達と一緒にいた事です。みんなでウノをしたり、一緒にお菓子を食べたりしました。
私は最後の合宿だったけど、みんなと一緒に遊べて良い合宿になったかなと思いました。
わたしがたのしかったのはお友達といっしょにあそんだことです。そろばんはむずかしかったけど、ししゃごにゅうをおぼえることができました。
たのしかったことはきもだめしです。おにのところがこわくてかくれてしまいました。


僕は今回のアーリーサマーキャンプで、この合宿に来たのは2回目でした。小学校の頃はいつも運動会とかぶっていたので来れませんでした。去年はかぶらず参加したのですが、他の合宿とはちがってそろばんの練習以外にも頭を使うゲームや外に出ていろいろな事をしたりするので、おもしろかったです。


東京都

ぼくはこのアーリーサマーキャンプは今年で三回目です。朝7時に成増駅に集合して、電車で4時間というものすごく遠いところで、保田駅についたときはもうくたくたでした。サンセットブリーズ保田について、昼食を食べたら、海の近くで石をなげたりして遊んでいました。
そして開校式とオリエンテーションの次はすぐにセッション①でした。セッション①が終わるとティータイムでしたが15分へってしまい少し不満でした。セッション③のBUYSゲームではお米屋さんでした。最初は順調でしたが最後はあまり売れず赤字で残念でした。夕食の後、集合写真でしたが、ぼくはまだご飯を食べていて、集合写真に入ることができませんでした。夕食の後のきもだめしでは、最初の方はこわかったけど、最後の走ってくる仮面の走り方がおも白くて笑ってしまいました。
そして二日目は6時に起床で、ものすごくねむかったです。セッション⑧DANのデモンストレーションでは、ぼくとは比べものにならないくらいはやくてびっくりしました。
そしてセッション⑨のカレー作りでは、ピーラーでじゃがいもの皮むきをやりました。けがするか心配でしたが、何とかできました。そして海に遊びに行ったときは、干潮で、貝が見えました。魚やカニもいました。そして海の遊びがおわったらカレーを食べました。いつもよりおいしかったです。
次は閉校式で、閉校式が終わると、すぐに帰りのじゅんびでした。そしてまた4時間も電車にのって帰ってきました。すごく楽しかったです。来年も行きたいです。


ぼくは今年でキャンプに参加するのが3回目です。今回は、スピード算がむずかしかったです。とくに、かけ算とみとり算がむずかしかったです。ぼくはスピードがないから少ししかできませんでした。もっと早く正かくにうてるようになりたいと思いました。
楽しかったことは、カレーライス作りです。にんじんとじゃがいもの皮むきをやりました。
チームで協力できておいしくできたのでよかったです。
今回キャンプに参加して分かったことはチームで協力することが大切だということです。そろばんがもっと上手になって来年も参加したいです。


千葉県

六月の二日から三日にアーリーサマーキャンプに行きました。
一番心に残ったのが、「BuySゲーム」というものでした。BuySゲームとは、一つのチームの職業を選び、最初に配られたお金よりどれだけ増やせるかというゲームです。ぼくのチームは最初に、「料理人」になりました。しかし、全く食材が手に入らなかったため、赤字で終わってしまいました。二日目もやったので、前日の失敗を活かして、「スパイスを作る人」になりましたが、今回は全く買ってもらえず赤字になってしまいました。二回ともぼくがいるチームは赤字になってしまったので、少し悲しかったです。そして、一方では買えず、もう一方では買ってもらえなか
ったので、複雑だなと思い、社会でのお金のやり取りが分かったような気がしました。
もう一つ心に残ったことがあります。それは、「きもだめし」です。今年は神社からの帰り道で行いました。そのため最初に神社へ行きました。てっきり神社の中でやるのかと思ったので、「今年は絶対こわいな」と思いました。毎年と同じように今年も始まる前の話だけで少し怖かったです。ぼくは最後から二番目のスタートで前の人たちが行った後だったので、安心しました。しかし、行ってすぐにおばけがでたので少しこわかったです。全体的に全てこわかったので早く戻りたいとも思いました。今回特に心に残ったことはこの二つですが、他にも沢山楽しい事があったので、次のキャンプ行けたら行きたいと思います。


ぼくは、今年で四回目のアーリーサマーキャンプでした。最初に名刺こうかんをして、ぼくは九人の人と交かんができました。
次は、スピード算です。スピード算は、せいかいりつが高かったのでよかったです。そのあとに、バイスゲームをしました。バイスゲームは初めてだったので、最初は「どうかなー」と思っていたけど、楽しかったです。そのあと、夕日を観察しようをやったけど、ぼくが行った時には夕日が沈んでいたから、悲しかったです。きもだめしは、今までで一番怖かったです。なのでとても楽しかったです。
二日目は体そくをやって二位か一位でした。二日目のバイスゲームでは、ゆう勝しました。カレー作りでは、二位でした。海岸での遊びはちょっとぬれてしまったけど楽しかったです。いっぱい楽しませてもらいました。


ぼくは、はじめてのアーリーサマーキャンプにいって、とくにバイスゲームがたのしくて、一かい目のバイスゲームは、りょうり人をやって、ものすごくもうからなくて赤字になってしまったけど、二かい目は、こうしんりょうをやるはずだったけど、じぶんがじゃんけんにまけてしまって、りょうりにんやることになって、またもうからないりょうりにんかーと思ったけど、思ったよりもうかって、けっきょくゆうしょうして、こんなにもうかるんだと思った。それでへいこうしきで3もランクインした。
かんそうはとにかくたのしかった。


今年のアーリーサマーキャンプは、宿泊場が海の近くにあり、今までとは少し違う場所に泊まるため、楽しみにしていました。着いた場所には早速海が広がっていました。そろばんでは、多量の計算問題をやり、その中でもBuySゲームが特に心に残りました。
一番楽しかったことは、きもだめしです。今年のきもだめしは、かなり恐怖感がありました。
けっこうびびりました。きもだめしが終わると寝る準備で忙しくなりました。
翌日、朝食をとった後、部屋の整理をして、またセッションをしました。その後、すぐに帰る準備をすすめていき、この作業が一番大変でした。ようやく終えた後、宿泊場から出ました。
この二日間は、そろばんだけでなく、生活に欠かせない事を学ぶことが出来たと思いました。


今年のアーリーサマーキャンプはいろいろなことがありました。初めて行き、グループのリーダーになり、少しきんちょうしましたが、なんとかうまくできそうでした。今年は特に、バイスゲームが楽しかったです。1回目の結果はあまり良くありませんでしたが、二回目は優勝
できたので良かったです。
次に良かったのは砂浜で遊んだことです。海がとてもきれいで貝を見つけたり、石を拾ったり、砂浜を走ったり、とても楽しいけいけんができました。
次に楽しかったのは、きもだめしです。おどろく所がたくさんありましたが、とても楽しむことができて良かったと思います。他にも、スピード算をしたり、助すう詞や四捨五入などいろいろな事をしました。特に心に残っているのはカレー作りです。みんなで協力して作ったカレーはとてもおいしかったです。
今回のアーリーサマーキャンプでいろいろな事を学び、生活に生かすことができそうです。
来年も行きたいです。


6月2日にそろばんのキャンプに行った。2回目だからきんちょう感はなかった。しせつについて名しこうかんをした。8人くらいの人とこうかんした。
セッションでバイスゲームをしたら、もうかって黒字だった。
夜になって、夜ごはんを食った。きもだめしをした。そうごの走り方がキモかった。ねる時、かいとがうるさかった。
次の日もバイスゲームをした。一回目は黒字だったけど、2回目は赤字だった。だけど楽しかったから次もキャンプに行きたいです。


きもだめしが、たのしかったです。
はしってきたのが、こわかったです。
そろばんが、たのしかったです。
びーちが、たのしかったです。
おべんとうが、おいしかったです。


うみであそんだのが、たのしかったです♡。
きもだめしが、こわかったです。
どーなつをもらいました。
ぴーらで、にんじんのかわをむきました。


ぼくは、このアーリーサマーキャンプは5回目でした。一番楽しかったことは、バイスゲームです。なぜなら、もりあがるし、バトルをするのもすごい楽しかったからです。
きもだめしではリーダーがいなくて、ぼくがリーダーのかわりとなり、先頭となったので、すごいこわかったです。海で遊んだときには、海に石を投げて何かいはずむか勝負してました。お昼のカレーでは、順位には選ばれなかったけどおいしかったです。


今回は、スタッフとして二度目の参加でした。場所は、とても田舎で自然が多い場所でした。二つ目のセッションはスピード算でしたが、やっぱりそろばんでやるとスピードが遅くなってしまいました。またBuysでは、米屋をやりましたが、なかなか売れず赤字で終わってしまいました。売れなかった原因として、自分たちが売りたい価格より高めに設定し、値下げ可能にしておくことが必要だと思いました。
きもだめしの舞台は神社で、待っている間はけっこう怖かったです。でも、みんなが出発してからは、どうやったら怖く見えるか、どうやったら楽しめるかを考えました。終わってからきつねで泣いたとか、走ってくるのが怖かったとかみんなの感想を聞いてとても手応えを感じました。
次の日のカレーは最下位だったけど、体測で一位になれて良かったです。
2回目のBuysは、料理人をやってたくさんもうかりました。安いときにたくさん買って高いときに売る!
今回時間を守ることが出来なかったので、もっとはやく支持を出して時間を守れるようにしたいです。私は小さい子のめんどうを見ていましたが、布団を敷くのを手伝ってくれたり、とても良い子で助かりました。おふろでもおとしものがあったら「これだれのー?」と持ち主を探していて良かったです。また来年も来て、もっと上手にみんなを誘導出来るといいです。先生方、ありがとうございました。


6月2日、朝早く起きて少しだけじゅんびをした。二回目のキャンプが久しぶりですごく楽しみだった。今回は保田で海が見えるので楽しみでした。そして8時45分から電車で11時まで電車に乗った。窓から見える海がとてもきれいでした。会場に着くと、「おー」という感じました。海で1時間半くらい遊びました。ぼくが「へー」と思ったのはBuysゲームでした。すごく面白かったです。きもだめしもすごく面白かったような怖かった様な感じでした。
6月3日、朝早くから体測したのがつらかったです。一番楽しかったのは、カレー作りです。ジャガイモや、ニンジンを切りました。少しだけ、だんだんジャガイモの形が大きくなった様に感じました。それで、結果は負けてしまったけど食えたのでうれしかったです。また、来年もキャンプに行きたいです。


わたしは、6月2日、3日にキャンプにいきました。うみがとってもきれいでした。でもつぎの日、かいとかこんぶもありました。2日のよる、きもだめしのときこわかったし、おもしろかったり「キャー」っていう人もいたし、ないてた人もいました。そろばんのじゅぎょうも ゲームもおもしろかったです。よるごはんも、ひるもあさも、どれもおいしかったです。さんぽもたのしかったです。らいねんもがんばりたいし、またいきたいです。


ぼくは今年アーリーサマーキャンプでたくさんべんきょうやゲームをしました。やったゲームは、バイスゲームという名前です。ぼくは、一いに一度もなれなかったけど、二いに一回なれてよかったです。きもだめしも、6年生やこうこう生などの人が一しょうけんめいにてるようにがんばって、きつねのやくをしてくれたので、よかったと思いました。
そして、うみのちかくのばしょだったので、うみにもいけたのよかったです。うみは、とてもきれいで、とってもたのしかったです。べんきょうもかけざんやみとりざん、とってもむずかしかったけど、13もんくらいできたのでよかったけど、なおしがたくさんあったので、す こしたいへんでした。つぎは、もっともんだいもとき、なおしもすくなくしたいです。まだまだ、だんにいくのもさきなので、早くstepをおわらせるようにせいかくにテキストをすすめたいです。けんていしけんもがんばって、まんてんにして、ごうかくしたいです。


6月2日に、そろばんキャンプで、きもだめしをしました。はじめに、じんじゃのほうで、
こわい話をしました。つぎに、じゃんけんをして、パープルグループがはじめに、おまいりを
して、おばけが出てくるところにあるきだしました。ぜんグループがおわったあとに、ふつう
のドーナツをたべました。きもだめしができてよかったです。


きもだめしが、たのしかったです。
はしってきたおばけが、おもしろかったです。
おべんとうが、おいしかった。


6月2日に、そろばんキャンプできもだめしをしました。はじめに、じんじゃのほうでこわい話をしました。つぎに、じゃんけんをして、パープルグループがはじめに、おまいりをして、やりました。たのしかったです。つぎもいきたいです。
きのう、キャンプに行きました。きのうは、きもだめしに行きました。こわくなかったです。
その次におふろに行きました。その後にはみがきをしてねました。午前5時5分におきました。
朝ごはんは、ぼくのすきな食べ物が大りょうにありました。次に、さん歩しに行きました。次に、バイスゲームをしました。次に、カレー作りをしました。たのしかったです。


きもだめしにいってないんだけど、いくとおもって、ないちゃった。だから、おうちでおるすばんしたよ。みんなちょっとずつかえってきて「おばけがおいかけてきたよ」っておしえて、くれたよ。こわかった。おわり。


きもだめしのけむりがでてきて、きつねがでてきたのがおもしろかった。あと、そうごが、ざざってでてきておもしろかった。あと、かれーがおいしかった。あと、ねるとき、まくらをけいとに、まくらをぱすした。おわり。


わたしのたのしかったことは、貝さがしをしたことです。貝はいろんな貝をみつけました。しましまの貝とかいろいろな貝を見つけました。貝は、いろんなばしょにありました。いちばん貝がおおかったばしょもありました。そこのばしょはいっぱい貝があってたくさん貝がとれました。おもしろいかたちの貝もありました。たのしかったです。きもだめしは、ちょっとだけこわかったけどたのしかったです。またやりたいです。
6月2日、ただでさえ土曜日だというのに早起きした。3.4回目のキャンプだったが中学生(スタッフ)になっては初めてだった。名刺交換の時に同じ中一の人に完全な実力差があって悲しくなった。初めてといえば、バイスゲームと、きもだめしのオバケやくだった。バイスゲームは、一回目は意味が良くわからずお金かせぎは簡単だったが、そうばや料理人の状きょうをはあくしなくてはならなくて、けっこう大変だった。二回目は、みんな慣れていて、かせぐどころか、大赤字となった。だが、きんちょう感と達成感のある楽しいゲームだった。
きもだめしは、いきなり人に向かって走る役で往復したので、かなりつかれた。だが、人がびっくりしたり怖がってくれた時は、とてもうれしかった。
来年も行ってバイスゲームで大かせぎしたい。


「この大きい人誰だろう」と思いながらも名前を呼んでくれたり、話しかけたりしてくれた皆さん、ありがとうございました。
そろばんをやめてから3年が経ち、知っている子は大きくなり、たくさんの知らない子達もいて時間の経過を実感しました。それでも変わらずにみんながそろばんを弾いてる姿は、懐かしいのと微笑ましいのと、少し羨ましいのと(笑)、色々な気持ちで見ていました。
そして久々のアーリーサマーキャンプは、やっぱり楽しかったです。小さい子が多い中、まだ小学校低学年くらいの子も率先して自分にできることを聞いてきたり、小さい子のお世話をしている姿は頼もしく、小さい子同士でも怪我をしてしまった子には絆創膏をあげたり、落ちていたお金を財布にしまってあげたり、この年でもうこんなにしっかりしているのかと感嘆しました。また感想文も、漢字をちゃんと使えていたり、少し「っ」抜けもあったけど(笑)、このキャンプでそろばん+aの、”a”をたくさん学んでいるみんなを見れて嬉しかったです。これからも練習を頑張ってください。2日間お世話になりました!


わたしはきょねんもいったキャンプにもう一どきました。じぶんもステップが上がってるし、あいても、ステップがすすんでるなと思いました。とくに「DAN」の人は、そろばんをはじくのもはやいし、まい日そろばんをやっているしょうこもわかりました。
「BUYS」ゲームは、おかねのながれや、これからどういうふうにやればいいかわかりました。
よるになると、夕日が見えワクワクしていました。そのワクワクはきもだめしです。スリルまんてんのきもだめしのあと、おふろに入ってねました。これがわたしのすきなキャンプです。
らいねんもぜったいに入きます❕❕



※個人情報保護のため、画像を加工しています。

●検定試験について

●行事予定

以下の行事が企画されています。
■ 考えるそろばん 小学生大会
■ グローバルそろばんオリンピック in Hawaii
くわしくはこちらから

●事務局だより

事務局では過日、総会前の会計監査会がありました。小さな会とはいえ、厳しい監査をして頂きましたことで為すべき会計の行為を再認識させて頂き、今年こそ会員が満遍なく会の実行に関わって過ごすことにI.M.でしかできない「年間事業計画」が実を結び、『考えるそろばん 検定試験』を実行できるものと実感しました。
先生方がI.M.会員により取り組まれる全ての事業計画に参加することにより学習内容への理解が増し、生徒を考えるそろばんへ誘うことができると実感しております。
この9月に開催される『小学生大会」から何を得ることができるか、まず、「参加申込」の取り組みにかかりましょう! お楽しみに!
8月は、『オリンピックハワイ大会」担当 関根由季先生引率により、国際交流が実施されます。ハワイ在住「アラキヒロヤそろばんスクール」との交流は、他には見られない生徒間の親しみを積み重ねて参りました。その交流内容の実績を末永く、それぞれ諸先生方が温かい心を以て継続して行きましょう!!コンテストであります、応援も宜しく!
この交流会は生徒へ対して、本当に日本で実行している「考えるそろばん」によって開催されている他には無い心温まる事業です。大切に維持し続けるべき事業です。
ご理解の上、教室の参加取り組みの体制にご協力下さい

喜多 吉子

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published